NaNoMoRaLの音楽ジャンルってなんだろう。いわゆるロック的なアンサンブル構成なんだけど、ロックではない…ような…、ロックでないなら何…?、多分「ポップス」としか言いようがない、しかも「”極上の”ポップス」…

僕はRAYというアイドルグループの楽曲ディレクターをやっていてサウンド的には「シューゲイザー」というジャンルを目印にしてますが、こういう目印はグループを端的に表すのにとても分かりやすい。NaNoMoRaLのそれはなんだろう、と考えた時、彼女らの魅力を簡単に語ることはとても難しい、ということに気づく。それが「”極上の”ポップス」だったとして、彼女らの存在や魅力を表現できている気持ちに到底ならないのだ。 NaNoMoRaLってなんだ!?

昔パセリちゃんが「僕の曲作りはとにかく無駄を取り除く作業だ」というようなことを言っていた記憶があります。僕はこの感覚にすごく共感していて「いかに不正解なフレーズや音作りを避けるか」というのは自分の曲作りのテーマでもあります、加算型ではなく減算型の研ぎ澄ませ方です。パセリちゃんの曲はどれも展開も音もシンプルな構成で、無駄がない、鳴っている音は全て必要な音で、それ以上削ぎ落としようのない音がなっているんです。そんでもって、ギターフレーズも、歌もめちゃくちゃキャッチーでグッドなメロディとくるわけです、トラックが不純物のないミニマムサウンドなので、上に乗っかるメロディ群の良さがとても際立っている。極上のポップスって、往往にしてシンプルなトラックにグッドメロディなんですよね。

とまあ、こんな塩梅に「曲がいい」わけなんですが、NaNoMoRaL魅力はそれだけじゃない。

僕はNaNoMoRaLほど多幸感があるライブを知らない、いつ見ても最高の多幸感がある、きっとみんなこの多幸感が欲しくてライブに通っているんだろう、お客さんは幸せの過剰摂取状態だと思う。NaNoMoRaLのライブはステージ上の二人からそよ風のように幸せが流れ込んでくる、彼女らを知らなかったとしても、興味がなかったとしても、そういうのともう無関係に、フロアの人間は幸せそよ風を浴びてしまう、浴びてしまったら最後ごく自然に幸せになってしまう。やばくないですか?

なんでNaNoMoRaLの2人はこんなに幸せをばらまけるのか?2人はもしかしてとんでもない量の幸せを備蓄していて、それをお裾分けしているのでは?多分、違う。逆に彼女たちは、困難な道の末にNaNoMoRaLにたどり着いたように、僕には見える。どんな困難かは想像もつかないけど、今NaNoMoRaLとして活動している喜び、幸せみたいなのものが、毎回ライブで爆発してるんじゃないかなぁ。

これは極めて個人的な2人の印象ですが(2人とは結構長い付き合いなので)、2人とも誠実、真面目、ひたむき、謙虚で、そしていつも笑顔が絶えず、底抜けに気持ちのいい人間です。NaNoMoRaLの魅力って何なのか、という究極的な答えはここにあるんじゃないかな。2人の人間的な魅力やそこにたどり着くまでの歴史が奥底にあって、曲も、ライブも、その延長線上に生み出されている気がしてます。誠実で真面目な曲作り、ひたむきで、謙虚な活動姿勢、笑顔が絶えず、底抜けに気持ちいいライブ。

あ〜NaNoMoRaLの魅力を伝えるのは難しい!でも、『a zen bou zen』はその魅力の一端がが多くの人に伝わるきっかけになるはずだし、そこからライブを見てもらったり、2人の人柄に触れてもらったり、NaNoMoRaLという掴みどころのない幸せの全容に触れるきっかけになって欲しいなと、心から願っています。


みきれちゃん(RAY 楽曲ディレクター)


「僕たちが音楽をやる意味」

世の中には沢山の人がいてそれと同じだけ考えや境遇があったりする。

一概に音楽といってもいろんな人が作っているから、

僕と似たような人も絶対仲良くなれなさそうな人も音楽を作っている。

NaNoMoRaLの音楽を聴いてるとなんだかすごく親近感を持ってしまう。

梶原パセリちゃんと僕はお互いにアイドルに関わる前から

接点はなかったもののどうやらそこそこ近しいところで音楽をやっていたらしく

サウンド的にも親しみがあるのだけど、

それ以上に音や歌詞を通して感じる生き様への共感が強い。

僕と梶原パセリちゃんが本当に音楽を届けたい相手は多分似ていて、

こういう音楽を作れるなら僕たちみたいな人間が音楽をやる意味もあるのかなと思う。

僕もこんな歌詞書きたいなぁ。


本間翔太(tipToe.プロデューサー)


音楽が大好きな皆様へ。

NaNoMoRaLというポップユニットがおります。

雨宮未來、梶原パセリちゃんによる男女ツインボーカルユニットです。

アイドルシーンを中心に大活躍を続ける二人ですが、その魅力は無限大にて、

10月後半にはかのボロフェスタに出演。11月にはWWWでのワンマンライブを開催。

素晴らしい楽曲を連発して世に放ち、その勢いは正に留まることを知りません。

ボーカルの雨宮未來の笑顔、エモーショナルな歌声、その無邪気なパフォーマンスは

フロアの雰囲気を一気にハッピーにしてしまう圧倒的な存在感を放ちます。

梶原パセリちゃん卓越したメロディーセンスも更なる成長を遂げております。

そんな、NaNoMoRaLの新作『a zen bou zen』が最高の作品に仕上がりました。

日本中の音楽ファンへ。2人の曲、歌、メッセージは優しく強く、届いていくはずです。

NaNoMoRaLの音楽には当たり前の日常とそこに寄り添う感情が閉じ込められています。

NaNoMoRaLの音楽を聴いていると涙と笑いって合わせて一つなんだなぁと思わせてくれます。

『a zen bou zen』。貴方の心のポケットに忍ばせて欲しい1枚です。多分、ずっと温かいですよ!


Beat Happening! 水口